ブログ集客のコツはカンニングにあった

ブログでの集客に悩むこと1年以上。

僕もブログ集客に悩んでいた時期がありました。

  • 文章がうまく書けない
  • アクセスが集まらない
  • 商品が全く売れない
  • 読者からの反応が得られない
  • すぐに直帰されてしまう
  • etc..

 

以前僕は、恋愛関連のブログを運営していたのですが、我流でやった結果、半年間アクセス0だったいう悲劇を持っています。

(通常なら半年も運営すれば3000PVくらいはあるはず)

当然、サイトからの売り上げも完全なゼロ

 

 

なぜ自分のブログが全く読まれなかったのか?

人々からの支持を得られなかったのか?

 

ブログは記事を書くことで成功を手繰り寄せることが来ます。

しかし、ただやみくもに書けばいいというものではありません。

文章の書き方や読者心理の理解など、頭を使っていかないと稼ぐことはできません

 

学校でカンニングはダメなこと。

でも社会に出たらどうか?

問題解決のためには、チラ見や人に聞いてみるということさえ正解なのです

ブログでビジネスをしようと思うなら、ぜひともずる賢い考えを働かせていきましょう。

まったくブログでうまくいかなかった僕が、現在お世話になっているメンターから教わったことを踏まえて、集客のコツについて書いてみました。

 

コツは徹底したカンニングにあり

ブログに毎日のように大量のアクセスが集まり、あなたの記事から商品がバンバン売れるような状態を実現するには、徹底したカンニングが重要です。

カンニングというと、ずるいとか、悪いことか、してはならないこと、という悪いイメージがついて回っています。

学校のテストでは許されない行為ですよね。

落第になるし、周りの人からの信用も失います。

自分の力で問題を解かなかったダメな奴として見られることになります。

受験でやったら即失格の行為でしょう。

 

しかし、それはあくまで学校でやればの話

実社会に出て活躍しようとすると、カンニングはむしろ正義なのです

もちろん、会社の書類を盗むなんてことはダメだけど、分からないことがあれば人に聞くなんて当たり前です。

 

やり方がわからなければ、うまい人を見て、真似をする

なんの悪いことがあるのでしょう?

サッカー選手はうまくなるためにライバルの動きをビデオで研究します。

漫画家は絵がうまくなるために鳥山明先生のドラゴンボールを模写して練習します。

 

じゃあブロガーは何をカンニングするのか?

ブロガーとして有名になりたいなら、すでに成功している人のやり方を真似するべきです。

化粧品関連のサイトを立ち上げて成功したいなら、すでにうまくいっている化粧品サイトを見てパクればいいのです。

コピペをしようと言っているわけではありません。

すでに自分より成功しているうまい人の文章の書き方や量。

コンテンツの作り方などを自分の中に取り入れて、より良い価値を世の中に広めようということです。

 

 

カンニングという表現は少し過激だったかもしれません。

そう、正しく言い直すと、徹底した「リサーチ」が重要なのです。

 

実際に僕がこのサイトを立ち上げる時にリサーチしたサイトです。

みなさんに良いコンテンツを提供しようとして僕が他のサイトをカンニングしたのです。

PDFにまとめています。

全部ではありませんが、一部お見せします。

PDF:「他サイトのリサーチ

 

  • ヘッダーのデザインはどうか?
  • 何でマネタイズ(収益化)しているのか?
  • 集客経路はどうか?
  • ターゲット層は?
  • ユーザーはどんな悩みを抱えているのか?
  • 内部リンクの張りかたは?

などなど、見るべきポイントはたくさんあります。

 

こうした良質なコンテンツに触れることで、あなた自身のレベルアップにつながるのです。

 

また、リサーチすべきはネット上にあるサイトだけではなくて、書籍なんかもありますよね。

自分が書きたいジャンルの本を読んで知識をインプットすることも大切です。

Yahoo知恵袋もかなり使えて、人々の生のニーズを直接見ることができるので、リサーチのしがいがあります。

 

自分はブログを書くのが苦手だとか、記事のネタが無いという人は、ぜひこのリサーチをしましょう。

何も得られないわけがありません。

 

「自分のレベルはまだまだ低いから」とか、

「もっとちゃんとした文章が書けたらアップします」とか言う人がいますが、ヘタクソでも公開して大丈夫ですよ?

そもそも、ブログ記事って最初はレベル低くてもいいのです。

情報のインプットをたくさんすることによって、自分独自のコンテンツが作れるようになります。

 

文章に自信が無いなら、「この人は!」と思うブロガーの文章を徹底的に写経するべきです。

改行のリズム。

句読点を打つタイミングや言葉の言い回し。

ブログ1記事の型。

面白い文章を書けるようになりたければ、その道のトップを真似ることが近道です。

 

注意点

模倣は徹底的にやることが大事です。

あなたが真似る対象とそっくり同じものを目指してください。

なんとなく上っ面だけ真似しても、実力は身に付きません。

演劇がうまくなりたければ、目標の俳優の演技を隅々までコピーしましょう。

顔のしわの寄せ方からジェスチャーに至るまで。

セミナーのプロになりたければ、プロのセミナー講師のCDを何度も聞くといいです。

経営コンサルタントとして活躍している加藤翔太さんは、起業する前塾講師をしていました。

バイトから正講師に昇格するために、名物予備講師のDVDを徹底研究したそうです。

1日8時間塾の黒板の前に立って、直線と丸と文字だけ書く練習をした結果、

塾史上最速の1か月という短期間で正講師に昇格することに成功しました。
(通常半年~1年かかるところ)

 

自分のオリジナリティを目指すのはそのあとでOKなのです。

僕も師匠の文章や自分と同ジャンルのサイトを運営しているサイトの真似をして、自分のスキルアップを図りました。

 

読者のメリットになる記事をかく

特に、ビジネスとしてブログをやるなら、読者のメリットになる記事を書くことは必須です。

趣味のブログとは違います。

芸能人なら日々の日記とかを書いているだけで勝手に読まれますが、一般人ブロガーがそれをやっても誰にも読まれません。

しっかりとしたターゲット選定が大事です。

 

ターゲットの持つ悩みや知りたいことを把握するところからブログ集客はスタートします。

読者が欲しい情報を提供してあげることが、自分のファンを増やし、商品の制約にもつながるからです。

しっかりとしたリサーチをすればするほど、良質なコンテンツを作ることができるからです。

だからカンニングは大事なのです。

 

カンニングをすればするほど、自分のもとに情報が集まります。

情報リッチになればなるほど、読者を喜ばせることができます。

1の情報しか持たない人10の情報を持っている人では、後者のほうが価値が高いというわけです。

 

ブログは城一つ建てる気で臨もう

ブログ集客は、いきなりは結果が出ません。

誰でも簡単に始められるからこそ、途中リタイアする人も多いです。

毎日少しずつ記事を更新して継続することで、アクセスが集まりだします。

すぐに諦めない

継続することが一番大事です。

 

ここで書いた内容だって、いきなり完璧にこなせるわけではありません。

毎日ちょっとずつ、ちょっとずつやると上達します。

思ったような文章が書けなくても、1日にちょっとしかアクセスが集まらなくても、続けることが大切です。

「もうどうせオレなんて!」と、すべてを投げ出したらそこで終わります。

どんなにすごい人でも、ゼロから情報発信をしようとすると、時間がかかるということは肝に銘じておいてください。

検索エンジンから、あなたのブログが評価されるには3か月から半年ほどかかります。

その間のアクセス数はしょぼいです。

「月間10万PV達成!」など自慢しているブロガーを見ると、劣等感を感じてしまいます。

僕も何度絶望感を感じてきたことかしれません。

ブログで稼ぐことなんて不可能ではないかと何百回も思ってきました。

けどそこで、めげないこと。

愚直に続けることが何よりも大事です。

 

 

僕は、以下のような図を知っていたので、諦めずに継続することができました。

 

すぐに成果は出ません。

ちょっとずつでも記事を書いていくことで、月数百円程度の弱小ブログに変化が起こります。

 

PV数がググっと上がり、サイトで販売している商品がボコンボコンと売れ出すのです。

インターネットビジネスは一度軌道に乗ると月収10万や20万はすぐです。

継続をすれば、ブログで人生単位の確変を起こせるのです。

 

だからそれまでは、諦めずに更新してください。

 

もうダメだと思ったときの対処法

人の心はロボットではないので、「やっぱりダメなのか・・・」と不安になることもあります。

そんなときに僕が唱えている魔法の言葉を教えます。

 

There’s Plenty of Fish in the Sea!

 

この言葉はぜひ覚えておいてください。

海の中に魚はいっぱいいるさ」という格言です。

 

僕は毎晩、ブログのアクセス解析をする習慣があるのですが、ブログ運営初期のころは本当にアクセスが集まりません。

毎日1桁のアクセス数ばかりで、0という日も珍しくありません。

でもそれが普通です。

始めたばかりの新規ブログはなかなか検索エンジンに評価されません。

「ブログなんてやってられるか!」と嫌な気持ちになることもあるでしょう。

そんなそきに唱える魔法の言葉が”There’s Plenty of Fish in the Sea!“です。

 

日本のインターネット人口は1億を超えています。

1億人の中からあなたのブログに興味を持つ人が0人なわけがないです。

まだ表れてないというだけで、必ずあなたのブログのファンになる人はたくさんいます。

“There’s Plenty of Fish in the Sea!”

 

ネット上を見渡せば、成功しているブロガーやアフィリエイターはたくさんいます。

”There’s Plenty of Fish ine the Sea!”

 

1000人に1人でも興味を持ってくれる人がいれば十分商売になります。

「世の中に読者はいっぱいいるさ!」

そう考えることができれば、モチベーションを保つことができます。

 

仕事で嫌な人に会ってもこの考えは応用することができます。

馬の合わない上司。

価値観の合わない友達。

気に入らない客。

 

「世の中には自分と気の合う人がほかにいくらでもいるさ!」

「世界には自分の居場所が他にもあるさ!」

ブログで成功すれば、嫌な人間関係に縛られることもありません。

狭苦しい会社の人間関係や気に入らないお客の相手をすることもないのです。

 

分からないことがあったら、上手い人を見てパクる。

素直に質問する。

カンニングスピリットを持って、ブログ頑張っていこうではありませんか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です